[香港発] 社長と対談。ここでしか聞けないマイクラのライセンスグッズのお話し。

IMG_1238 (Medium)

今回は香港からのレポートです。マイクラのフィギュアやぬいぐるみ、ペーパークラフト等の正規ライセンス商品を開発・販売しているJazwaresのプライベートイベントがあり、ご招待を受けたので飛んで来てます。あ、潜入じゃないですよ。

IMG_1300 (Medium)2

世界各国からJazwaresのマイクラグッズを扱っている会社の代表が香港に集結。Jazwaresの今後の商品戦略や来年のラインナップ、各市場での動向からJazwaresの新たな取り組みまで、様々な話をしてきております。ちなみに日本からの参加者はマイクラパパ一人の様子。

日本ではまだまだ知らない人がほとんどのJazwares、実は世界60か国以上で数百種類ものライセンス商品を展開するグローバル企業です。本社はフロリダなので、ほぼ地球の裏側からたくさんの社員が飛んできてます。

さて、世界60か国でビジネスをしているとはいえ、大手とは言い切れない、未上場企業であるJazwaresが、どうやって5社しかいないマインクラフトグッズのライセンシーになれたのか?その秘密はこの会社の歴史にあります。Jazwaresは創業当初から一貫してゲームのキャラクター商品の開発に強く、日本でもおなじみのポケモンやソニックなどのライセンス商品も海外で展開しておりました。しかもゲームの世界観を崩さないような、高品位のフィギュアをゲーム制作チームと一緒に作っていた実績があります。

そんな実績が認められてか、Minecraftとしてはかなり早いタイミングにグッズのライセンシーとして名を連ねてきました。

そのタイミングでは、まさかマイクラがここまで大ブレイクするとは思っていなかったようです。

IMG_1297 (Medium)2

 

ちなみに彼が CEO & President の Judd。かなりやり手ですが、ナイスガイです。

Jud2

彼は日本を非常に重要な戦略市場と捉えてくれており、実はマイクラグッズの製造の現場においても、梱包や品質管理など、日本市場向けに特別なプロセスを入れ込んでくれています。Jazwaresの商品の中でも、最も厳しい品質チェックを通ったマイクラのおもちゃだけが、日本に輸入されて来ております。(並行輸入品とは、品質管理の厳しさが全然違います!)

さて、そんなJazwaresですが、現在は主にCartoon Channelなどのアニメキャラ、MarvelやStar Warsなどの映画・漫画キャラ、マインクラフト、テラリアなどのゲームキャラ、さらにはYouTuber達をフィーチャーした商品群を多数展開しております。

IMG_1308 (Medium)2 IMG_1307 (Medium2) IMG_1306 (Medium2 IMG_1305 (Medium)2 IMG_1311 (Medium)2

なんだかいっぱいありすぎて、見ているだけでその種類に圧倒されてしまいます。ちなみに下の写真はマイクラパパと一緒にJazwaresが初めて日本で出展した東京オモチャショーでのブース。

そのブースですら色々ある感満載でしたが、その5倍以上の規模で様々なおもちゃが展示されていました。

IMG_0533m

そんなJazwaresが新しく展開しているイニシアチブがJazWings

IMG_1294 (Medium)2IMG_1295 2IMG_1296 (Medium)2

これはどんな試みかというと、一般の方々から「こんなおもちゃがほしい!」「こんなデザインのキャラがほしい!」といった企画やデザインを一般公募し、多くの支持者が集まるとJazwaresが制作・製造を支援し、最後はクラウドファンディングで販売するというもの。

そう。あなたのデザインしたオモチャが世界中で売られれる日が来るかもしれない、そんな企画です。

もちろん日本からも応募可能!アイディアやデザイン一つで世界デビュー!夢があります!

英語ですが、こちらのサイトから申し込むことが可能です。 もし気に入ったデザインがあったら☆マークをクリックして投票(Vote)してあげてください!

上記の写真は中国人のフリーのデザイナーが描いたPanda – a – Pandaというキャラが実際にスケッチからモックアップまで展開してきている様子を表してます。

さて、今日もこれからミーティング。今日はおもちゃがインターネットにつながる未来。フィギュアやぬいぐるみのIoT(Internet of Things)化について、議論してきます!

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です