[米国発] 驚愕!マイクラの世界が現実世界に!3Dでプリントアウト!

micra

マイクラで作った建物や街やアートが現実世界に飛び出して来たら、楽しいと思いませんか?

3Dプリンターが普及すると、マイクラで作った世界を家庭で簡単にプリントアウトすることが出来るようになりそうです。

こちらの写真はMinewaysというPCのツールを利用して、実際にPCのマイクラで作成したMapから3Dプリンターで出力したものです。いつの間にか時代はここまで来ちゃっていたのですね。。。

mine3D (Medium)

まずはマイクラで作って、Minewaysで切り取って、プレビューで3Dモデルを確認。そして3Dプリンターでプリントアウト。

micra3d

さらにAutodeskさんの123D Designというアプリを使うと、切り抜いた3Dモデルを編集したり、いくつかを繋げたりとかも出来るらしいです。

ちょっとやってみたいと思いませんか?そんなあなたの為に、日本でもマイクラから3Dプリントをするための講習会が東京の中野で開かれているようです。

3DPrint

すでに、前回のイベントは終了してしまいましたが、おそらく近い将来またやってくれると思うので、今後こちらのサイトをこまめにチェックしてみてはいかがでしょうか?

ツールなどがもっと使いやすくなって、iPadやiPhoneのマイクラPEからもプリントできるようになって、3Dプリンターもフルカラー印刷付で3万円を切るような時代になると、こういったものが爆発的に流行る気がしてます。マイクラパパもその価格なら買ってしまうかと。アメリカだとBestBuyという家電量販店で、3Dプリンターが$1000以下で各種買えるようになってきました。3Dプリンター産業はややバブルに踊っていた時代もありますが、こういったアプリケーション一つで今後の可能性が大きく変わってゆく気がしております!将来はLife Size, つまり家だったら家のサイズでこういったものがプリントアウトで出来てしまう時代が来るかもしれませんね。そんな未来が楽しみです!

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です