マイクラのオペラがプロの手に。ニューヨークで満員御礼。

マイクラパパです。前回の投稿ではオペラの歌声を聴きながら、本気で眠気に襲われてしまいました。

さて、前回ご紹介したマイクラオペラはバージニア工科大学の学生と教師、いわゆるアマチュアによる作品でしたが、今月ニューヨークで演じられた作品は完全にプロの作品です。BARE OPERAという、モダンな作品を展開するオペラチームの作品です。しかも3日間とも満員御礼。演目はモーリス・ラヴェルが作曲した1幕のオペラ。「子供と魔法」。トレイラーはこちら。

いわゆる影MODというものを使って、水面をよりリアルに見せるなどの特殊処理はしてますが、色使いはやはりプロ。ファンタジーな世界観が見事にマイクラの映像で再現されております。トレイラームービーだけ見ても、その世界観の美しさは目を見張るものがあります。海外で有名なマイクラマップ制作チームのVoxelboxと、Voxelbox出身のKupo氏などが、アートディレクターのAlexandra Posenのコンセプトの元、見事な世界を実現しています。機会があれば私も是非見てみたいです。寝ない保障は有りませんが。

以下はその美しいトレイラーのスクリーンショット

bareop5bareop4  bareop6bareop7

こちらはKupo氏の制作した、別のファンタジー作品

海外ではマイクラはゲームの枠を超え、教育、そして総合芸術の世界までその領域を広げています。日本でも古典芸能がマイクラの世界で実現される日が、近い将来来るかもしれませんね。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です